ページへ戻る

− Links

 印刷 

酔芙蓉と藩公菩提の寺、法雲寺 :: 但馬七花寺霊場のサイト

xpwiki:Top/加盟寺院/法雲寺


ページ内コンテンツ
  • 酔芙蓉と藩公菩提の寺、法雲寺
    • 寺号
    • 宗派
    • 寺紋と花
    • 本尊
    • 本尊真言
    • ご祈願利益
  • 連絡先
    • 所在地
    • ホームページ
  • 寺史
  • 四季の花
  • 交通アクセス
    • 略地図

酔芙蓉と藩公菩提の寺、法雲寺 anchor.png[5]

Page Top

寺号 anchor.png[7]

東林山(とうりんざん)法雲寺(ほううんじ)

Page Top

宗派 anchor.png[8]

天台宗

Page Top

寺紋と花 anchor.png[9]

7kaji.jp_291.png[10]
丸二引両
7kaji.jp_358.png[11]
酔芙蓉
Page Top

本尊 anchor.png[12]

釈迦牟尼如来

Page Top

本尊真言 anchor.png[13]

Page Top

ご祈願利益 anchor.png[14]

家運隆昌

Page Top

連絡先 anchor.png[15]

Page Top

所在地 anchor.png[16]

  • 〒667-1311 美方郡香美町村岡区村岡2365
  • 電話:0796-98-1151
  • FAX:0796-98-1161
Page Top

ホームページ anchor.png[17]

http://www.houun.jp[18]

Page Top

寺史 anchor.png[19]

南北朝の頃(1300年代中頃)、当地一帯は花園妙心寺の荘園であり、その政所として建立されていた報恩寺が、法雲寺の前身であると言い伝えられています。
江戸時代に入り、寛永十九年(1642)に村岡山名第三代・矩豊(のりとよ)公入部に際し、小集落であった当地を開発し街割を整え村岡藩の藩都と定めた折に、山上に在った報恩寺を街の中心に移し、寺号を法雲寺と改め、山名家の菩提寺と定めました。
宗派も臨済宗から矩豊公篤信の日蓮宗に改め、更にその後、天台宗へと改宗し寛永寺末に属しました。
山内の御霊屋(おたまや)には山名氏太祖・義範公(新田義範)以後の各当主の位牌も奉安し、村岡陣屋跡には歴代村岡山名藩主の御廟があり、大名格式の名残を今に伝えています。

Page Top

四季の花 anchor.png[20]

一月雪景色
二月ロウバイ
四月空木、水仙
五月ツツジ、各種桜(桜山御廟)
六月アジサイ、菖蒲
八月酔芙蓉
九月萩 ヒガンバナ
十月ドウダンツツジ
十一月紫式部、桜山御廟の紅葉
十二月桜の早咲き(桜山御廟)
Page Top

交通アクセス anchor.png[21]

旧山陰道の宿場町、国道9号線と482号線が交差する村岡に有ります。法雲寺には国道9号線村岡交差点(民俗資料館「まほろば」角)を八鹿方面からは左折、(湯村方面からは右折)300メートル直進。参道は幅員2メートル弱のため大型車の進入は不能。大型車の駐車には、民俗資料館「まほろば」の駐車場をご利用下さい。
尚、村岡交差点から御殿山公園に400メートル進むと、桜山御廟があり、遅咲きの桜(5月上旬)と静かな紅葉が楽しめるスポット有り。
また、村岡交差点から300メートル北に向かうと、村岡山名3代~11代までの藩主墓碑が並ぶ坪谷御廟あり。

Page Top

略地図 anchor.png[22]


より大きな地図で 但馬七花寺マップ[23] を表示


Last-modified: 2016-09-25 (日) 13:17:12 (JST) (904d) by tajima0