但馬七花寺霊場のサイト - つつじと紅葉の寺、妙楽寺 [Top/加盟寺院/妙楽寺] - 但馬七花寺について


Page Top

寺号 anchor.png

末代山(まつだいさん)妙楽寺(みょうらくじ)

Page Top

宗派 anchor.png

高野山真言宗

Page Top

寺紋と花 anchor.png

7kaji.jp_289.png
五三の桐
7kaji.jp_354.png
つつじ
Page Top

本尊 anchor.png

  • 薬師如来
  • 秘鍵大師
Page Top

本尊真言 anchor.png

  • オン コロコロ センダリ マトオギ ソワカ(薬師如来)
  • 南無大師遍照金剛(秘鍵大師)
Page Top

ご祈願利益 anchor.png

病気平癒 厄除開運 産生安穏

Page Top

連絡先 anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

〒668-0056 豊岡市妙楽寺86ー1
電話:0796-22-2259
FAX:0796-22-3028

Page Top

ホームページ anchor.png

http://www.myorakuji.jp/

Page Top

寺史 anchor.png

神亀三年(726年)丙寅二月、行基菩薩が8人の同行を従え、美含郡(現、佐津方面)より当峰に入り、『この地、誠に殊勝の霊地』と感応し、未来永劫、仏法流布との大願を立て、当地を末代峰と名付け、行基自ら松で無量寿如来・楠で薬師如来・樒で大日如来の仏像を彫み安置した。十二支院を持つ中本山であり、後に後一条天皇(寛弘五年~長元九年)の勅願所として、また南北朝時代には、本見塚(現香美町)に関所を置いて因幡道の流通を握っていたといわれる。妙楽寺城域は山名氏守護所を守る戸辺羅山城塞群との寺域と一体化し、明徳元年の山名氏内紛によって山名氏清が同城の時煕を攻めた歴史も残る。また弁慶が頼朝の使者として入山したとの伝承もある。弘法大師が文殊菩薩の智剣を握られ般若心経秘鍵を説いておられる姿の日本三体厄除秘鍵大師尊像を祀る。

Page Top

四季の花 anchor.png

  • 桜(4月)
  • さつき(5月)
  • しゃくなげ(4月下旬~5月上旬)
  • 桔梗(6月~8月)
  • 女郎花(7月~9月)
  • さるすべり(8~9月)
  • 蓮(7月~8月)
  • 紅葉(3月~10月)
  • 紫陽花(6月)
  • 椿(12月~3月)
  • 栴檀(5月~6月)
Page Top

交通アクセス anchor.png

豊岡消防本部より西に向かい、突き当りを右折。キリスト教教会を左に眺めながら、次の交差点を左折。山を登り、右手に寺標あり。右に進むと駐車場(無料)あり。
JRを利用する場合は、山陰線豊岡駅下車。全但バスに乗り約5分で妙楽寺バス停下車。県施設文教府方向に歩いて5分です。

Page Top

略地図 anchor.png


より大きな地図で 但馬七花寺マップ を表示


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 6969, today: 3, yesterday: 1
初版日時: 2011-01-06 (木) 17:53:27
最終更新: 2013-02-26 (火) 16:35:04 (JST) (1634d) by tajima0
最新ニュース
人気画像(画像付)
本堂内... (5304 hits)
本堂内...
山名家... (3805 hits)
山名家...
遍照寺... (3214 hits)
遍照寺...
アクセスカウンタ
今日 : 116
昨日 : 150
今月 : 2584
総計 : 458632
平均 : 191
テーマ選択

(8 テーマ)

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失